読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいMacbookProのタッチバーとタッチIDについて

f:id:settingspace:20161120200038j:plain

 

 まず単刀直入に、、、タッチバーは現在のところ、あってもなくても同じ・・・。利便性を感じません(笑)確かに最初の方は、操作している中で真新しさを感じれるので新しい操作感が味わえることに充実感を見出していたのですが、正直入力の効率が上がるか言われれば、、、うーん、、、っという程度です。

 

f:id:settingspace:20161123220117j:plain

 ネットサーフィンでSafariを開くと、タッチバーはこんな感じの表示になりますが、タブを切り替えられるだけ。その他にお気に入りのブックマークが表示されたり、入力時には変換候補が表示されたりしますが、これもブラインドタッチ入力が出来る人にとっては、目線は常にモニター側なので必要ないかも・・・。

f:id:settingspace:20161123220055j:plain

 写真アプリを開くとタッチバーで写真の移動がスムーズで出来るんですが、これはトラックパッドで行う方が幾分効率がいいと思うのですが・・・。総合的に考えるとやはりタッチバーは今の所実用性はさほど感じませんね。

f:id:settingspace:20161123220030j:plain

 変わって良かったのがタッチID!パスワード入力のほとんどが指を添えるだけで済むようになったので、こちらの方がかなり便利になったと思います!クレカ決済も指ひとつで済みますし。とりあえず、日々使い続けてまた新しいことが見つかればレビューしたいと思います。次回はMacbookProと一緒に購入したものを紹介していきたいと思います〜。

 

 

CFPの問題集が早速届いた(・_・;

   CFPの試験から3日後、次回受験予定の課目である「ライフプランニング・リタイアメントプランニング」の問題集が早速届きました。

 

f:id:settingspace:20161123211721j:image

 

   この課目名のタイトルから、ライフプラン?個人の生活におけるお金視点から見た人生設計の勉強?、リタイアメントといえば老後のお金の話、つまり年金メインの話かな?、、、っと、どんな勉強をするんだろうって楽しみにしておりました。人生設計なんてあんまり考えたことないし、ましてや年金のことなんて詳しくもないので、一からの新たな勉強になりそうƪ(◉౪◉ƪ )これは楽しみです。

   CFPの勉強は税理士の勉強と違って、日々の生活の中で関わってくる可能性が高い内容なので勉強に身が入ります。とりあえず今日からぼちぼち始めます!

 

CFP受験対策精選過去問題集 ライフプランニング・リタイヤメントプランニング 2016~2017年版

CFP受験対策精選過去問題集 ライフプランニング・リタイヤメントプランニング 2016~2017年版

 

 

新型MacBookProの使用感とMacBookAirの比較

f:id:settingspace:20161102202012p:plain

色々と触ってみてまだ間もないですが、まず違和感を感じるのが、タイピング。

キーボード自体が若干大きくなり、その分キーボード同士のすき間が狭くなりました。

Airと比較すると見た目でも大きく違いがわかると思います。これによりタイプミスが格段に減った気がします。っというかブラインドタッチがかなりし易くなった印象を受けます、、、、がしかし!キーボードをタイプしたときの押してる感があまり感じられない。おそらく構造上の問題なのか押したときの深みが全くないような気がする。この違和感は「慣れ」が解消してくれるのでしょうか・・・・。あとタイピングで非常に気になるのが、タイプしたときの音。「ペタペタペタペタ」なるんですが・・・・。これもかなり気になります。

 

f:id:settingspace:20161122202020j:plain

あと、驚いたのが「バッテリーの持ち」です。他の方のレビューでもありますが、かなり満足です!Proを開封した時点で充電が約70%程あったと思うのですが、そこから大量のダウンロードとインストールを繰り返しましたが、3時間程フルで使用しても63%までしか減りませんでした。僕が使用していたMacBookAirは2011年モデルで使い込んでいただけにフル充電で1時間しかもたなくなっていたのでこれはほんと救われました。

 

f:id:settingspace:20161120200209j:plain

ってことで、新型MacBookPro13インチモデルとMacBookAir13インチモデルの外観を比較してみます。

 

f:id:settingspace:20161122202003j:plain

重ねてみると新型の方が小さい!重さはほぼ一緒くらいです。

 

f:id:settingspace:20161122204511j:plain

あ、そういえば、Macって今まで電源を入れると「ジャーン」っていう音が鳴っていたのですが、新型MacBookProは静かに立ち上がります。Macファンにとってはちょっと寂しいかも・・・。次回は、新しく搭載された「Touch Bar」と「Touch ID」について詳しく見ていきます。

 

 

CFPの試験(リスクと保険)を受けてきました

CFPの試験が11月20日にありました。受験したのは「リスクと保険」ただひとつ。

前回ギリで落ちてしまったので今回は本腰入れてみっちり勉強しました。

そのおかけで、2時間の試験を1時間20分程で途中退出するというスピード受験でした(笑)

21日の本日、午前10時には解答速報がFP協会のホームページで公開されましたが、仕事の昼休みに答え合わせをして、おそらく無事合格圏内だろうことを確認し、次の受験科目である「ライフプランニング・リタイアメントプランニング」の過去問題集を即注文しました。

次回の試験日は来年の6月予定なので、出来れば「不動産運用設計」も一緒に2課目同時合格を狙いたいところ。。。再来年にはCFP有資格者を名乗れるよう、頑張らなければ・・・。

いや、まずは来年の3月に大学院を無事卒業しないと(^_^;)

新MacBookProが来ました〜

f:id:settingspace:20161120113829j:image

ついに、新型のMacBookProが届きました!

注文してから2週間ほど待たされましたが、今注文すると1ヶ月待ちという(^_^;)

 

今回僕が購入したのは、

・新型MacBook Pro 13インチ タッチバー付きのスペースグレイモデル

Microsoft Office Mac Academic 2016

・サンワダイレクト USBメモリ USB3.1 ・ Type C /  Type A 16GB

・アンカー USB C to USB 3.0 変換アダプタ

です。この新型MacBoookProには、接続端子がイヤホンジャックとUSB TypeCしかないので、通常広く利用されているUSB TypeAからTypeCに変換する為、その変換アダプタと両タイプ対応のUSBメモリ、仕事で必要不可欠なOfficeを一緒に購入しました。

ひとつひとつは後ほど詳しくお話しすることとして、、、とりあえず、開封です〜

 f:id:settingspace:20161120150139j:image

箱を開けたらいきなり出てきました。

新色だけに、俄然ワクワク感が止まりません!

本体を取り出すと、、、他の中身は〜

 

f:id:settingspace:20161120195734j:plain

 両方がUSB TypeCのケーブルと充電アダプタそして、いつもの説明書。

いよいよ本体をオープン!!

f:id:settingspace:20161120195727j:plain

開けた瞬間に電源が入りました!!今回からはノートを開くだけで自動で電源が入る仕組みになっているようです。

スゴイ・・・そして噂のタッチバーが光りだしたー

f:id:settingspace:20161120200038j:plain

っと興奮気味ですがとりあえず今日はここまで・・・

f:id:settingspace:20161120200209j:plain

とりあえず色々と初期設定やデータ移行をやります!

次回は操作して気づいたことをレビューしたいと思います。

MacBookProを注文しちゃった(^_^;)

仕事では当然Windowsを使ってますが、私生活ではMacを使っています。僕が持っているのはMacBookAir 2011年モデルで、はや5年が経ちます。充電器を2度も買い換え、バッテリーも2時間くらいしか持たなくなり、プログラミングも勉強し始めたので処理のもたつきにもかなり不満が溜まっておりました。

 

そこで、MacBookProを購入する運びとなりました運びとなりました( ͡° ͜ʖ ͡°)

f:id:settingspace:20161102202012p:image

仕事でVBAも勉強しなくちゃいけないので、Office2016 for Macも合わせて注文!

 

届きましたらレビューしたいと思います。

ファンドの組成

仕事でファンドの組成にチャレンジするとのことで、新たなプロジェクトを立ち上げる為、ファンドの勉強中だ。

 

組成するファンドの種類は、事業再生ファンド。経営に行き詰まった会社に、ファンドにより資本を投下し、経営を立て直す為の様々な専門家を導入させ、経営者と一緒に経営改善を目指す。その経営回復によるキャピタルゲインをファンドの運用益とする。

 

ファンドは資金力がないと意味がないので、国の制度を利用して組成する。これには精度の高い計画書(投資プラン)が必要となる。もちろん運営自体初めてなものとなる為、トラックレコードもなければ運用モデルもないし、ファンドへの出資者、それを運営するGPもない。一から全て創り上げないといけないので、本当に大変(・_・;

 

沢山のファンドの本を読み漁り、大分仕組みが理解出来てきた。あとは、どのような投資プランを立てるのか、組成におけるタイムレコードと、出資者用の目論見書もどうするか、、、。

 

とりあえず、順序立てて、ちょっとずつカタチにしていこう( ꒪﹃ ꒪)